マンションに対して上手く投資をすれば

マンションに対しては、投資もできます。つまりは、そこから利益を生み出せるようになっているわけです。不動産と言うのはそうした側面が確かにあります。それはキャピタルゲインかインカムゲインのどちらかを目的にします。

簡単にいいますと売ったりするか、貸すか、ということになります。このどちらを選ぶのか、と言うのがとても重要になります。どちらの方が優れた投資であるとは一概にはいえないです。マンションとしては、貸したほうが良い時もありますし、高騰が狙える場合もあるからです。

但し、一般的に家作を持っているほうが不労所得としては良いといわれています。家作と言うのは要するに貸すことができる不動産です。この場合はマンションを貸すわけですが、これにはお金も必要ですが、知識も重要になります。運用をするわけですから、投資の中でも特に大変な部類になります。

しかし、一度安定すれば、それだけリターンも大きくなります。ずっと利益を生み出し続けてくれる物件となります。この場合、建て直しなどの積立金もしておく必要があります。そこだけはしっかりと計画を立てておくべきですし、入ってきたお金をそのまま使わないようにしたほうがよいです。

いくらマンションを貸すといっても、完全に利益になるまでにはかなりの時間がかかります。それがインカムゲイン系の投資であり、マンション運用の大原則になります。長い眼で見て投資をしないといけないようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *