マンション経営はレバレッジ投資で効率が良い

マンション経営はレバレッジ投資として用いることが出来ます。レバレッジ投資とは、ローンを利用した投資です。何らかの収益が期待できるときに、すべて自己資金を用いて投資をするよりも、ローンを利用した方が投資効率は高くなります。マンションの例で言うと、年間で500万円の収入を得られる物件が1億円で手に入った場合、利回りは5%となります。

しかし、5,000万円をローンに頼った場合には、5,000万円の自己資金で500万円の収入を得られるのですから、10%となります。もちろんここから利息の支払いなどを差し引かなければなりませんから、計算はやや複雑になりますが、それでも投資としての利回りを高めることが可能です。普通の人が会社経営をするときにローンを組むのはかなり難しいです。実績があったり、あるいは担保があったりすると何とかなることが多いのですが、サラリーマンを辞めて起業するときに、最初からローンを組むのはかなり難しいです。

マンション経営の場合にはローンを組みやすいという特徴があります。その理由は資産を持つことが出来るからです。購入するマンションを担保として設定することが出来ますから、銀行は融資をしてくれやすいです。実績のない人であっても割と簡単に融資を行ってくれますから、マンション経営はレバレッジをかけやすいです。

つまり、自己資金があまり多くなくても、高額な物件を購入しやすいという特徴があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *