中古マンションで気をつけること

昨今のリフォームブームで中古マンションや中古一戸建てを購入して好きなようにカスタマイズする、という暮らしを選ぶ人も増えています。ですが古い建築物を購入する際には必ず気をつけておきたいことがあるのです。確かに、購入した我が家のスペースは自分の好きなように改造できます。マンションでも一戸建てであっても間取りから変えることも可能ですし、水周りも壁紙もすべて一新すれば新築にしか見えないようにすることは出来ます。

壁紙で調湿効果のあるお洒落なものも増えてますから、住み心地も良いでしょう。しかし、変えられないものがあるのです。それはマンションそのものの設備。例えば下水機能であるとか配管、ガス管などです。

特に建築年数が古い中古マンションになればなるほど、水の設備が元々よくない、ということがたくさんあるようです。マンション設備そのものは個人でかえることが出来ませんから、折角新しい台所を作っても水の出がゆるいということが往々にしてあるのです。ですから、中古マンションを買う時には是非チェックしてもらいたいのが水の勢い。蛇口を捻って自分で出してみる、担当者にしっかりチェックするなど必ずしたほうがいいです。

でないと、折角リフォームした綺麗な部屋、綺麗な浴室で、お風呂のシャワーの出が悪くてイライラする、ということになりかねませんよ。もう一つ、マンションであれば次の大規模修繕がいつなのかは確かめましょう。引っ越した翌年に修繕で、大金を回収されることもありますから。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *