マンション経営でマンション購入にかかる経費について

マンション経営をすれば必ずしも儲かるというわけではなく、当然ながらリスクも持ち合わせています。ですから、もしもこれからマンション経営を行っていくのであれば、先ずは経営リスクを知っておくことが重要になってきます。そこで、まずマンション経営で知っておっくべき点として、マンションを購入する際に経費がかかるということです。ですから、単純にマンションの価格だけを問題にするだけでなく、あらゆる経費を総合してどのくらいの経費がかかるのかということを知ることが重要になってきます。

そこで、マンション購入にかかる経費の内訳としては、登録免許税、司法書士手数料、印紙税、不動産取得税などがあります。これらはすべて法律上絶対にかかってくる税金になるので、必ず支払わなければならないということになります。また、今後も継続してマンションを所有していくに当たって、固定資産税や減価償却費、マンションを購入した際のローンの支払なども経費としてかかってきます。これらを総合すると、マンション経営を始めるに当たっては、マンション自体の価格に加えてその10パーセントくらいの経費がかかってくるということになります。

自分が経営しているマンションに人が入居してくれれば問題はありませんが、空室が目立つようになってしまうと、経費ばかりがかかり、なかなか利益につながらない可能性も出てきます。ですから、経費を計算して、どのくらいの利益が可能なのかといったことをあらかじめ計算しておくことが大事になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *