マンション経営を始めるのなら早めに

マンション経営を始めるのならできるだけ早いほうが良いと言われることが多いですが、これは投資期間が長いからだと考えられます。株式投資や為替への投資の場合、短ければ1日だけで取引が終わることもありますし、数日から数週間くらいで取引が終わることは珍しいことではありません。しかし、マンション経営の場合には、最低でも数年間は運用しないと投資した資金を回収できなくなります。短期間で運用する場合であっても、数年くらいになります。

短期間で利益を上げるためには物件を取得し、ある程度の収益を得たのであれば、物件の価格が下がらないうちに売却します。これが基本ですが、どちらかというとプロ向けの運用方法だと言えるでしょう。プロではない一般の投資家や、あるいは副業で運用したい人にとっては、最低でも10年くらいの運用期間を設定しておくべきでしょう。10年というと、かなり長い期間ではないでしょうか。

20年となるとさらに長くなりますし、30年となると人生の内のどれくらいの期間になるのかと考えて見る必要はあります。マンション経営は長く続けることが多いですから、早めに始めた方が良いです。たとえば60歳から運用を始めたとしても、細かく色々なことを学べるようになることにはヨボヨボになってしまっているかも知れません。経験を積むことも必要ですから、かなり長い時間を要することもあります。

できることなら若いうちに始めることが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *