サラリーマンでも可能なマンション経営

近年ではサラリーマンの副業としてもマンション経営は注目されています。アパートやマンションの経営は富裕層向けの感じがしますが、金融機関からの融資を受けることにより、手持ち資金がなくても始めることが出来ます。マンション経営を始めるにはまずは物件を見つけなければいけません。その際に中古物件にするのかこれから新築するのかを選ばなければいけませんが、どちらもそれぞれ異なったメリットがあります。

中古物件の場合でしたら購入資金も比較的安くすみますし、その物件のこれまでの入居状況などで実際の利回りが想定し易いです。ただし中古物件の場合に気をつけたい点もあります。それはマンションの管理状況についてです。管理がきちんとされていない物件でしたら、その後の入居者募集に苦労する心配もあります。

土地を購入して新築マンションを建てるとなると、やはりそれなりの費用がかかります。しかしこれから新たに建てますのでオーナーの意向に沿ったマンションを建てることが可能です。入居者がよく集まりそうな利便性の高い物件を建てることができます。また土地を安く見つけてきて、マンションの建築費も工夫をして抑えることが出来ましたら収益性はかなり良くなります。

融資は金融機関のアパートローンを活用することが得策です。物件の担保能力と収益性が審査基準となり融資額が決められます。アパートローンを利用すれば手持ち資金が少なくてもアパート・マンション経営を始めることが可能です。マンション経営で最も重要なことはどれだけ空室率を抑えられるかという点です。

その為には入居者の募集に尽力しなければいけません。もし空室による賃料収入に不安を感じる方は不動産会社による一括借り上げの検討をしてみることも必要です。そうすれば長期間にわたる家賃保証を受けることが出来ますので、入居率低下による収入の減少を心配する必要がなくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *