マンション経営のメリットとは

マンション経営とは、一部屋から一棟などのマンションを購入し、人に貸すことによって家賃収入を得ることをいいます。そのメリットにはどんなものがあるのでしょうか。マンション経営の最大のメリットは、賃貸物件により、自動的に「家賃」という収入を得ることができるというところです。不動産投資には、多額の資金がなければ無理などとと思われがちですが、意外とそうでもありません。

もちろん部屋数がいくつもあるような大規模なマンションになるとそれなりの資金も必要ですが、マンション経営は一部屋からでも始められます。ある程度収入があれば、購入のためのローンを組むこともできるので、自己資金がそれほどなくても大丈夫ですし、そのローンはほとんどが家賃収入でまかなうことができます。また、マンション経営は本業の仕事をこなしながら行うことができるうえ、長い目で見ても、家賃収入があれば老後のお金の不安は少なくなります。そして副業になるため、確定申告をすることで、マンション経営の必要経費としてかかった減価償却費、租税公課、借入金の利息、管理費などが認められますので、家賃収入からこれらの経費を差し引いて赤字となった場合、給与所得の所得税の還付や住民税の減額を受けることも可能になります。

さらに、購入時にローンを組むときに加入する「団体信用生命保険」は、万が一、ローンを組んだ人が亡くなってしまった場合には、保険金によってローンを完済することになるので、家族にとっても安心の保障になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *