マンション経営に必要な予備知識

マンション経営をしたい、そうお考えの方は、オーナーになれば家賃収入で黙っていてもお金が入ってくるイメージを描いていらっしゃるのではないでしょうか。現実にはそう甘いものではなく、黙っていても満室になるような物件はよほどの好立地条件を除いてごく僅かです。部屋余りと言われ、四軒から五軒に一軒は空室があると言われる現在、マンション経営を上手くやっていくには、受け身では駄目です。先述の通り、部屋余りと言われながらも新築マンションはどんどん建設されています。

当然、新築というのは現在のニーズに合った物件ですから、入居を希望する側はそちらを選びがちです。もしあなたに新築マンションを建てる力があればそれでよいのですが、そうでない場合、例えば中古マンションを買い上げてマンション経営を行う場合には、予め今のニーズをきちんと把握し、足りない部分はリノベーションやリフォームで補う努力が必要です。新築マンションを建てる力がある方も、最初は満室になり上手くやっていけるでしょうが、十年も経てば古いマンションの仲間入りです。消費者のニーズは刻々と変化しています。

その時々の流行のライフスタイルに応じたマンションでなければ、幾らアピールをしても選ばれることはありません。新築マンションや人気のマンションの設備や間取りを調べ、どんな物件が好まれるのかを常にリサーチし、自分が持っているマンションがどうであるのか、アピールポイントは何処なのかをきちんと把握し、改善していけるオーナーだけがこの先のマンション経営では生き残ることが出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *