マンション経営と節税

医学の進歩のおかげで、日本の平均寿命は世界でもトップクラスです。とはいえ、一方で、その間もずっと働いて稼ぐことができるわけではありません。70歳まで働いて、あとは公的な年金と、それまでの貯蓄を取り崩す生活では、豊かな老後を思い描くのは残念ながら困難です。そこで、自分が働かなくなっても安定した収入が見込める投資を探してみると、マンション経営がおすすめです。

投資には、持っている間に分配を受けられる収益と、値上がりをしたときに売却して、差益を得る収益があります。定期的な分配には、預金の利息や株式の配当、マンション経営の家賃収入があり、差益を得る投資の代表例は、株式や不動産の売却があります。差益を得る投資とは、時価の変動があるので、常に利益を出し続けるのは難しく、時には損失を出すこともあるので、老後の生活資金には定期的な分配が適しています。中でも、預金の利息は低金利、配当は銘柄ごとに、年に1回から2回程度で、金額も変動します。

マンション経営なら、家賃収入で、毎月まとまった金額が入ってきます。マンション経営の家賃収入は、不動産所得として、年に一度確定申告が必要です。しかし、お金の出入りと、利益の計算は、計算方法が異なっていて、設備投資をした年には全部が必要経費になりませんが、2年目以降は、支出がなくても減価償却費を計上することができます。そのため、収入金額よりも課税対象の利益は小さくなり、節税の効果もあります。

インターネット無料のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *