マンションへ投資する際の表面利回りと実質利回り

マンションへ投資をするときには物件選びが必要ですが、物件選びをするときの大事なポイントの一つが利回りです。他の条件がだいたい同じであれば、利回りの高い物件を選ぶべきでしょう。ただ、この利回りについては表面利回りと実質利回りの二つがありますから、物件情報を見るときにはその違いについて知っておかないと、情報を見誤る可能性がありますから注意しなければなりません。表面利回りは、「年間の家賃収入÷物件価格」で計算します。

年間の家賃収入と物件価格の二つから計算をしますから、計算は非常に簡単です。しかし、物件を取得するときには物件価格以外にもいろいろな費用がかかるという点に注意しなければなりません。また、年間の家賃収入以外にも経費がかかるという点にも注意しなければなりません。ですから、マンションへ投資することによって得られる利回りは、「(年間の家賃収入-ランニングコスト)÷(物件価格+取得にかかる諸費用)」で計算したほうが正確でしょう。

このようにして計算したり周りのことを実質利回りと呼びます。最終的にマンションに投資するべきかどうかを判断するときは実質利回りを計算することが必要でしょう。最終的には実質利回りで比較していくことになるのですが、実質利回りの計算は少し面倒ですし、ローンを組むかどうかによっても変わってきます。ですから、実質利回りを使うのは最終判断をするときで、多くの物件から良い物件を抽出するときには計算の楽な表面利回りを用いることが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *