需要の高い中古マンション

最近では若い人達だけでなく高齢の人達にもマンションは人気があります。少し前までは老後を迎えた高齢者はローンが完済した一戸建てに住んでいるようなイメージもありましたが、人生の新しいスタートをきるという意味でもそれまで住んでいた所を離れてマンションに移り住むこともあるようです。さて、そうした高齢者にとっても若者にとっても需要があるのが中古マンションです。これから新しいスタートをきるとなると先のことも考えて貯蓄はできるだけ残しておきたいところです。

それには値段の安い中古マンションが最適ということです。中古、という言葉だけで嫌がってしまう人もいますが実はメリットもあります。例えば周辺環境ですが、コンビニが徒歩圏内にできる、公共機関が整うなど新築のときにはなかったものが時間をかけて揃っている場合もあります。また、誰もが中古と聞いて不安に思うのが建物の老朽化です。

確かに入居している人もまばらで築年数も何十年もなっているような物件だと不安は隠せませんが、例えば築年数20年以下で入居している人も多い物件は沢山あります。そうした物件は入居者からの修繕積立金をきちんと徴収して定期的なメンテナンスを行えているはずですので、優良中古マンションと言えるのではないでしょうか。立地で選ぶことが多い中古マンションですが、こうした入居率や管理体制を重視して選ぶことも大切です。また、入居率が高いということは競争率が高いということも言えます。

そうすると値段も他と比較して高めになりますので、情報誌などで探す際には参考にすると良いのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *