中古マンション購入のメリットとデメリット

マイホームが欲しいと考えたとき、選択肢としてまず一戸建てかマンションかというところで迷いますね。もし立地を重視するという場合、人気のエリアは一戸建てだとなかなか土地がない場合が多いです。マンションなら割と人気のエリアで立地の良い所に住めるというのが最大のメリットですね。そしてマンションに決めたとして、また新築か中古かという選択肢が出てきます。

マイホームを購入するにはもちろん多額の費用がかかります。中古マンションを選択した場合、この費用の面で新築よりかなり安いという点がメリットですね。立地を重視し、費用もあまりかけられないという場合、中古マンションは最適な物件となるでしょう。しかし、勿論中古マンションにもデメリットがあります。

築年数が古いため、遠くない将来に修繕や建て替えが必要となるということです。中古物件を購入する場合は、そのリフォーム費用も考えた上で検討する必要がありますね。また、マンションには管理組合があるため、一戸建てよりも建て替えや修繕の手続きが複雑で面倒なのもデメリットです。それから売却して引っ越したいという場合もなかなか値がつかないというのもデメリットです。

ただ、人気のエリアの場合、古くてもそこに住みたいという人が多いので、人気出ないエリアの新築より良い条件で売却できる可能性があります。希望額で買い手がつかなければ、賃貸にして貸し出すという手もあります。人気のエリアなら借り手もつくでしょうし、そこまでの心配はいらないかもしれませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *