中古の区分所有のマンションへの投資の注意点

マンションへ投資をする際に、中古物件を区分所有することによって、初期費用を抑えるのは優れた方法の一つだといえるでしょう。しかしながら、注意しなければならないことがいくつかあります。中古であることが、修繕にかかるコスト増に繋がる可能性があるからです。物件が老朽化すれば修繕しなければならないのは当然のことで、そのために費用がかかるのも当然のことです。

区分所有の場合、維持管理費や修繕費用に関しては、管理組合に納めることになります。その金額は状況によって変わります。新築のほうが安い傾向があるのは、考えればわかることではないでしょうか。新築の場合には老朽化が進んでいませんから、修繕する箇所は少ないです。

しかし、築年数が古くなってくると、基礎部分も修繕が必要となりますし、他の共用部分にも修繕が必要となってきます。そのために、築年数が古くなると修繕積立金の金額が高額になることもありますから注意が必要です。投資したばかりの時には、修繕積立金の金額が数千円程度であったとしても、何年か運用を続けている間に値上げされるのも珍しいことではありません。月々数千円が、月々5万円くらいにまで跳ね上がることも想定しておくべきでしょう。

豪華な共用設備のマンションほど、修繕積立金の金額が大きくなりやすい傾向があります。中古のマンションに、区分所有で投資をしようと考えているのなら、現時点でのキャッシュフローだけではなくて、将来のことも見据えておくべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *