マンション経営は難しいのか

老後の生活を支える手段として、マンション経営を考えられている方も多い事でしょう。色々な投資スタイルとして、昔ながらの一棟全てを所有するスタイルがあります。近年増えているのが、多少の余裕のある層に向けて投資目的としての部屋単位でオーナーになるという制度です。例を挙げると大きなマンションを分譲販売し、住む目的でなく家賃収入目的として販売するという物です。

管理運営費を支払う事で、管理会社が一括でマンション経営をするという物です。他にも一棟全て買い上げる形になりますが、管理会社にマンション経営は全てお任せるというシステムまで出てきています。結果的に言えば、全て自分で管理して経営する形にする方がリスクは高いですが、自分の取り分もその分多くなります。しかし、施設の老朽化や空き部屋のリスクを考えると余程勉強をしない限りは個人で経営して行くのはかなり難しいと言えるでしょう。

近年では、マンション経営のノウハウとサポートを行う企業も出来てきています。そういう意味では、色々な方が参入できる分野と言えるでしょう。ただし、マンション経営には色々なトラブルがつきものです。当然ですが、経営しながら家賃からローンを支払う形が多いのが事実です。

その中で、いかに維持費を捻出するかが課題になります。場合によっては、利益と支出が逆転する事も少なく無い業界でもあります。多少の利益が少なくなる事を考えても、専門業者によるサポートを得られる状況での経営が望ましいのでは無いでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *