中古物件でマンション経営

中古物件なら手に入れやすいですから、マンション経営を始めやすいと言っても良いでしょう。ただ、中古物件はハイリスクハイリターンであるという点に注意が必要です。新築物件に比べると中古物件の方が圧倒的に安いです。価格が安ければ初期投資金額が低下しますから、利回りも高くなります。

想定利回りが20%を超えるといった物件を見つけることもできます。この点では優れているのですが、中古の場合にはすでに経年劣化している可能性があります。例えば、築10年の物件があったとして、入居者は新築の時に入居し、10年間そこで生活をしているとします。家賃の設定は新築の時のものですから、そこそこ高い金額に設定されているはずです。

もしもその入居者が契約を解除して空室が発生するとどうなるでしょうか。新たに入居者を探さなければならないのですが、そのときには家賃を下げなければなりません。新築と築10年とで同じ価格を設定することは無理でしょうから、マンション経営の収益は低下する可能性が高いのです。また、修繕積立金や管理費などにも注意が必要です。

区分所有すれば修繕積立金や管理費を支払っていかなければなりません。その金額は、物件が古くなれば高くなる傾向があります。老朽化してくればいろいろなところが傷んできますから、修繕にかける費用も高くなるのです。中古物件を取得してしばらくしてから、修繕積立金が高くなって経営が苦しくなることもあります。

中古でのマンション経営にはこのようなリスクもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *