中古マンションについて

新築して1年たつと中古のマンションになります。

このところ居住用の建築物は余剰状態にあるのと、富裕層とそうでない層の2極化が著しくなって来ている状況があります。富裕層はより高額な物件を購入し、そうでない層は以前は駅からも近くて高い物件であったものが年月が経つに従って価格も下がって来て手に入れやすくなって来ました。購入時点で機能的に合わないときには購入前に間取り変更などリフォームやリノベーションを行ってから入居することが出来ます。

中古マンションの価格は15年間ぐらいは下落傾向が続きますが、それ以降の下落は割合緩やかなものとなります。新築マンションの場合にはまだ完成前の段階から実際に部屋を見ることもなく、パンフレットやショールーム等で大体の感じを掴んだ上で購入することになります。従ってマンションの下階の柱や梁の寸法と最上階のそれは違いがあり、階高においても少し感じ方が変わってくることもあります。

ショールームには家具や照明器具などが配置して置かれている場合もありますが、奥行きが少ない家具などが置かれていて部屋が広く見える場合もあります。その点中古マンションの場合には実際に部屋を見た上で購入するかどうかを決めることが出来ます。中古マンション物件であってもセキュリティ面は充実している場合も多くその点は安心できます。リフォームを行う場合にはそのマンションの売主の不動産会社や地元のリフォーム業者、あるいは無料の一括見積をとって安い業者の中から選択して依頼するという方法も取れます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *