中古マンションの住宅ローンの特徴と頭金について解説

中古マンション購入時には、一括で購入できる場合を除いてほとんどの人が住宅ローンを組むことになります。

中古マンションの購入時でも、基本的には新築購入時と変わりません。ひとつ注意が必要なこととして、中古マンションでは、耐久性を考慮して、住宅ローンの返済期間が短くなる場合があることです。住宅ローンの返済期間は最長35年ですが、中古の場合は、築年数などに応じて、例えば最長25年しか借りられない場合もあります。35年で借りようとしている人などは注意が必要になります。中古マンションの購入時でも、頭金は必要になります。

現在は頭金ゼロでも住宅ローンが組める時代ですが、金融機関はリスクが少ない人には積極的に融資を行ないたいと考えますので、頭金を多く用意できるほうが、審査で有利になったり、優遇金利が受けられたりなどメリットが大きくなります。また、もしも住宅ローンの返済に困ったら、マンションを売却して返済にあてることになりますが、頭金がゼロでマンションを購入していると、マンションを売却してもなお多額の借金が残るという最悪のケースになる可能性が高くなります。

マンションの価格は、年月の経過とともに急激に価値が下がっていくためです。頭金がゼロでも住宅ローンが組める時代ですが、このようなリスクを減らすためにも頭金は少なくとも1割は用意しておくべきだと言われています。とはいえ、住宅ローンは通常のローンに比べて低金利なので、頭金を少なめにして手持ちの資金として残しておくべきという意見もある意味では正しいといえます。大切なのは、自分の生活レベルや人生プランで必要になるお金を計算して、無理のない返済計画を立てることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *