正しい中古マンション選び

人生のうちで、マンションを購入することはおそらく多くても2回ぐらいでしょう。

多くの人が、1回しか購入しないのが普通です。ただこの一回の購入で失敗している人が結構多いのは事前に注意点を知らないからです。そこで、中古マンションを選ぶ場合には、いくつか注意しなければならない事を知っておきましょう。まず、中古マンションを購入する場合は、売り主がそのマンションを手放した理由を知る事が重要になります。1つのマンションを手放すという事は何かよほど大きな理由があるわけですが、比較的多い理由が転勤することになったからという理由です。

この場合は、買主にとってはそれほど深い意味はありませんので、自分自身も転勤する可能性がある場合には注意すればよいでしょう。また、離婚をして、あるいは家族が亡くなったので手放すという理由があります。この場合も特に問題ないでしょう。問題は、近所とのトラブルや、飛行場が近くにあるなどで騒音が激しいという理由で手放した場合です。

この場合は、新しい買主もそのまま影響する可能性が高いためいくら条件が良い中古マンションでも購入には慎重になるべきです。それ以外では、ローンの組み方にも注意が必要です。ローンの支払いができずにマンションを手放す人が割と多いのです。このような事は案外表ざたになりませんが、その理由は人に知られたくないというのが大きいのではないでしょうか。ローンを組む場合には、良い物件だから今がチャンスだと言う安易な理由でローンを組むのではなく、あらゆる可能性を想定して余裕を持ってローンを組むべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *