マンション投資の売却査定方法

不動産投資で一番始めやすいのがマンション投資です。

マンションなら一部屋分を購入して、それを賃貸にして家賃収入を得るだけです。一部屋なら入居者も探しやすいし、投資額も抑えることが出来ます。しかしマンション投資をしていて何らかの理由で多額の現金が必要になり、マンションを売却して資金を調達することにしました。それでマンションの売却査定ですが、収益還元法と言ってマンションの収益力が評価額に反映されます。

収益還元法にも二種類有って直接還元法だとマンションから得られる家賃収入を元にマンション価格がいくらになるかを査定します。DCF法だと将来マンションを売却する時の価格にそれまでに得られる家賃収入を加味した価格が査定価格になります。どちらの方法を採られるにしても、そんなに高くは売れないでしょう。まず家賃収入から経費を引かないと、本当のマンションの利回りは計算が出来なくて、経費を引いた状態での利回りでマンションの収益力が判断されます。

そして購入者もマンション投資で収益を得る為にマンションを購入しますから、査定価格よりも低い価格で買値を提示します。だからその提示された値段が、投資分を回収出来る価格でしたら、良しとしましょう。マンション投資の売却査定方法は、マンションの収益力が評価額に反映されて評価額が決まるので、普通の不動産の評価方法で判断しないで、必ず収益力を含んだ値段で売却価格を査定して決めることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *