アパートの住みながらのマンション投資の是非

マンション投資をする人は必ずしも裕福とは限りません。

中には自分自身が賃貸に住んでいて、購入したマンションを賃貸にして家賃収入を得ている人もいます。ただそんなことをして果たしてメリットが有るのでしょうか。賃貸マンションに住んでいて家賃を払いながら、マンション投資をしたとします。自分の住んでいるマンションの家賃と貸しているマンションから得られる家賃収入が同額だったら、そのまま購入したマンションに住んだ方がいいです。家賃収入が有ってもそのまま家賃の払いに消えれば、全然金が残らないし、家賃収入は税金を取られますから持ち出しになってしまいます。

だから賃貸に住みながらのマンション投資は支払う家賃よりも入ってくる家賃収入は多くないと意味が無いです。それで賃貸マンションよりも家賃の低い賃貸アパートに住みながらの投資でないとメリットが感じられません。しかしアパートに住みながらのマンション投資でもメリットはあまりにも少ないです。マンションからの家賃収入からアパートの家賃を引くとプラスでも収入が少なくなっています。その少なくなった金額で投資した資金を回収するには普通よりも長くなります。

マンションは耐用年数が有りますからいつまでも貸して家賃収入を得ることは出来ません。回収しきれないうちにマンションが取り壊しになったら損になります。だから賃貸に住みながら投資をする場合は、少しでも安いところを借りて住まないと、資金を回収しきれなくてマンション投資が失敗になりますから、少しでも安いところを借りることです。マンション投資をする人は必ずしも裕福とは限りません。中には自分自身が賃貸に住んでいて、購入したマンションを賃貸にして家賃収入を得ている人もいます。

ただそんなことをして果たしてメリットが有るのでしょうか。賃貸マンションに住んでいて家賃を払いながら、マンション投資をしたとします。自分の住んでいるマンションの家賃と貸しているマンションから得られる家賃収入が同額だったら、そのまま購入したマンションに住んだ方がいいです。家賃収入が有ってもそのまま家賃の払いに消えれば、全然金が残らないし、家賃収入は税金を取られますから持ち出しになってしまいます。

だから賃貸に住みながらのマンション投資は支払う家賃よりも入ってくる家賃収入は多くないと意味が無いです。それで賃貸マンションよりも家賃の低い賃貸アパートに住みながらの投資でないとメリットが感じられません。しかしアパートに住みながらのマンション投資でもメリットはあまりにも少ないです。マンションからの家賃収入からアパートの家賃を引くとプラスでも収入が少なくなっています。

その少なくなった金額で投資した資金を回収するには普通よりも長くなります。マンションは耐用年数が有りますからいつまでも貸して家賃収入を得ることは出来ません。回収しきれないうちにマンションが取り壊しになったら損になります。だから賃貸に住みながら投資をする場合は、少しでも安いところを借りて住まないと、資金を回収しきれなくてマンション投資が失敗になりますから、少しでも安いところを借りることです。
賃貸のインターネットのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *